プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの世へ祈る 親子の絆

次女のちひろが 台所に来て
「ママ。西岡んちに 行ってくる。」
と ぽつりと 言った。
西岡君・・・。そうだ・・・。
彼が 亡くなって 丸7年になる。
調度 今頃だった。

小学校6年生の頃 同じクラスだった西岡君は
ちひろの 良きライバルであり 良きケンカ友達だった。

小さい頃から 身体が 大きく
運動も 勉強も よく出来る子だった。
小学校最後の 運動会で リレーの選手だった彼は
5人抜きを果たし 一躍ヒーローになり
保護者たちからも 熱い眼差しを受けていた。

中学受験に 合格し
一番上の さつきの 後輩になった。
ところが 中学生になって 初めての 7年前のある夏の朝
彼は 同じマンションの自宅ベランダから飛び降りた。

前の晩 父親と大喧嘩していた・・・という 噂が
直ぐに 流れた。

人の不幸は そんなに 甘いか!

ちひろに 事実を伝えると
「バカだ!やっぱりあいつは バカだ!・・・」
と 抱いた枕を 涙で濡らした。

それから直ぐに 彼の母は 小学校教師の職を辞した。
最近では 彼の母は レッスンバッグも 持てるようになったきた。

毎年 ちひろは お友達と 彼の命日に 
お花を持ち お線香をあげに行く。

お友達と共に 
彼の遺影から 語られる 命の大切さを
きっと 教えていただいているに 違いない。
そして あの世と この世であっても
切っても切れることのない 親子の絆を 感じているに違いない。

そしてまた あまりにも 短すぎた人生で
彼は 伝えるべきメッセージを
ご両親に きっと伝えたに違いない。

親子の絆・・・。
お線香の煙と共に あの世へ 祈る。




スポンサーサイト

<< 絆の結び直し~さつきと実父の再会~(前編) | ホーム | 白い犬 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。