プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆の結び直し~さつきと実父の再会~(前編)

2008年7月26日14時 
さつきが 実父と 22年ぶりに再会する時がきた。
私は さつきに 二日前に したためた手紙と 
そして 澤谷先生の 直筆サイン入りの「絆の法則」を 
彼に渡してもらうように頼んだ。

手紙には 離婚に至った 懺悔の気持ちと
さつきとの再会に応えてくれた 感謝の気持ちを 誠心誠意 綴った。

さつきが 出かけて行ってから 何だか 一歩も外に出られない。

夫も 下の子たちも寝静まった頃 ようやく さつきは帰ってきた。
どこか さつきの顔に 清々しさが あった。

「どうだった?」
「うん。楽しかったよ。最初 喫茶店に入って お互いに 近況報告を済ませてから 
お父さんとママが 経営していたお寿司屋さんに 行ったの。
まだ、店の看板 そのまま残ってたよ。 
それから 二人で 近くのお大師さまに
お参りに行って・・・ほら、これ、お土産の久寿餅。
こんなに 大きいの 買ってもらっちゃった!」

さつきが まるで 幼い子どものようだった。

「それからね、お父さんの実家に行くか 
お父さんが 今住んでる辺りに行くか・・・って 聞かれたんだけど、
この間 私は お父さんの実家の 裏のおじさんの家に 行ったから 
お父さんが 今住んでいる辺りに 連れて行ってもらったの。
それでね お父さんが 任されている店の 近くの居酒屋に行ったの。
そしたらね そこの店長さんは よく事情を知っていて 
よくそこに集まる常連さんたちも 訳ありの人が 多くて
東京の下町だからかな・・・みんな とっても いい人たちで
そのお店の屋上に 食べ物とか 運んでね 
一緒に 隅田川の花火大会を見て 22年ぶりの再会を祝ってくれたの!
また 遊びにおいでって・・・。ひとりで 来てもいいよって!(笑)」

「あら!まあ! 隅田川の花火大会!調度 今日だったのね!
それは 良かったね~!」

隅田川の花火大会・・・私も 遠い昔 珍しく父や母や弟と行って 
迷子になりそうになったことを 思い出した・・・。

「・・・で、それで どんな話 したの?」
「・・・ほとんど、ママのことだったよ。」
・・・そうか・・・二人の共通の話題って そこに来ちゃうのか・・・。

『お父さんね、・・・ママの頑張り屋さんなところは 俺が一番良く知ってるって・・・。
何回 「ママは頑張り屋さん」て 言葉を言ったか解らなかったよ(笑)

それからね 私の小さい頃のことで 一番思い出していたのはね。
ママが さつきを連れて逃げるように 出て行っちゃった後
俺が ふたりのアパートに行って それから 三人で公園に行って
話をしようとしたんだけど
あまり 話にならなくて・・・別れ際・・・さつきがさ、
「パパ・・・。」って 俺の方に よちよち歩いてきたんだよ。
その時のさつきが 一番忘れられなかったよ・・・って・・・。
帰ったら きっと ママと いろいろ話をするのだろうけれど
これだけは 必ず伝えてね・・・
「ごめんね、俺が幼かったから・・・。
家庭を壊すつもりはないけれど 今でも好きだ・・・」って・・・。
泣きながら 私の手を握って そう言ったの。
お父さん、私が生まれた24年前の頃と ママへの思いは
何ひとつ 変わっていないんだよ。』

さつきの震えた声は 懸命に それを伝えた。

そうだったんだ・・・。
もう 既に3人目の奥さんがいるって聞いていたから・・・。

そして ぽつんと
「お父さん・・・寂しそうだった・・・。」と 言った。
・・・抜き差しならない 父と娘の想いだ・・・。
・・・辛かった・・・。
涙が 止まらなくなった・・・。
さつきは どれほど 切ない思いをしたことだろう。

遠い昔 母が 千葉から 家出をしたその後
残された私たち兄弟を 母が実家に連れ戻しにきて 
その後 父が 母の実家へ追いかけてきた日を 思い出していた。
夜中 父が 雨戸を 叩く音が 蘇る。
そして それと同時に 彼が 
その日私たちの住んでいたアパートの窓を叩く音が 蘇る。
どれほど 母のそれを 恨んできたか解らないのに 
全く同じことをしてしまっていた・・・。

お互い23歳で結婚し 24歳で子育てが始まり
その半年後に 店を開店させ 寝る間もない程の生活で
喧嘩が 絶えなかったとはいえ
そんなの ただの口実に過ぎない。


スポンサーサイト

<< 絆の結び直し~さつきと実父の再会~(後編) | ホーム | あの世へ祈る 親子の絆 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。