プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子の絆 Ⅳ

夫は「ありがとう・・・。」
ただ ひと言 そう言った。

次の日の朝・・・
起きてきた ちひろの目が とても腫れていた・・・。
やはり 昨夜は あれから ものすごく泣いたんだ・・・。

ちひろが 出かけた後・・・
「凄く 目が腫れていて・・・やっぱり
かなり 泣いちゃったんだね・・・そうだよね・・・大丈夫?」
と メールした。
すると
「作業中で 気づかんかった。大丈夫です!
木屑まみれで大変・・・ありがとう!」
どうやら 舞台設営の準備で カンナがけでも していたらしい・・・。

夜中 終電を逃し 始発をファミレスで待った 
ちひろが 朝 帰ってきた。

「全く もう・・・。」
いつもの口調の私が いた。
「ごめん・・・。あ、これ・・・。」
ファミレスで 半分眠りながら 書いてたと見える手紙だった。

******************************
ママへ

とても 驚きました。でも だからといって
どうすればいいのか 全く検討がつかない・・・ていうか
とにかく もう少し時間をおいて 
ゆっくり受け容れていくしかないのだと思う。
同じ家で暮らしたら家族・・・って お姉ちゃんが この間 言ってたけど
こういうことだよねって思うよ。
だって 全然疑ったことなかったし・・・。
そういう環境の中で 20年間生きてこれたっていうのは
本当に 感謝すべきだよね。ありがとう!
なかなか 手紙じゃないと 話せないよね、こう言う事って・・・。
いい機会だったよ、何てね・・・。
私は よく覚えていないんだけど 1つだけ・・・
私が3歳で お姉ちゃんが7歳っていう 数字の組み合わせは
しっくりくるものが あるんだよね。変だね。
動物的な勘も 何もあったもんじゃないと思うよ。ホーント!
何も 覚えていない自分にビックリ。
ものごころ付かない頃って こういうことを いうのか。

人生ってさ ドラマより もっとドラマだなあと 
頭の片隅で ボンヤリ笑ってる自分がいたりするので
とにかく 人は 丈夫にできているんだと思う。

何事も 経験だしって・・・ちょっと違うけど
「袖振り合うも 他生の縁」て 本当に そうだと思うよ。
この心地よい関係。私を取り巻く人々。
恵まれていると思う。本当に心の底から。
それは 家族の皆も そうだよ。6人もいて 
好きな習い事をさせてもらえたり
学校に通えたり(アタリマエの如く)してる。

兄弟が こんなにたくさんいて 苦労してるのを知っているけれど
養ってくれるパパとママは アタリマエを感じさせてくれる程
「辛い」とか「苦しい」とかを私たちに 見せないよね。
「自分が辛いときは 人に優しく」って 
言葉が 座ゆうの銘(漢字忘れた)

私は 今 何か自分のことで 誰かのせいにして
甘ったれたがっているのです。
ゴロゴロしながら 真剣さに欠けた生き方を してきたのだと思う。

もうそろそろ いろんなことに整理をつけて
自分とじっくり向かい合うべきじゃないのですか・・・
と 神様の思し召しなのかもしれません。
あ~眠くなってきた~
(解読不可能)
・・・・・・・・・・・・

理香子さんについて。
不思議 不思議・・・。
産んでくれて ありがとう。
とにかく きっと 志半ばだったのだろうから 
あなたの為にも 生き延びます。

ねえ。ママ。よく 二人だけで 鎌倉行ったね・・・。
また 今度 どこか行こうよ。
鎌倉の小町通りの ミルクホールで
チョコレートの盛り合わせを 頼んで お酒呑もう!

今 このタイミングで すべてを知れて 良かったよ。
私という ものつくりの人間にとって必要な要素です。
あ~~。何かね いい作品が書けそうな 気がしてきたよ!w

お姉ちゃんから もう少ししたら 
ひとり暮らしするかもって 聞いたよ。

(解読不可能)
おにぎりも 好きです。コロッケはもちろん!
あと チャーハンも・・・スキ。
そろそろ お料理も 真剣に覚えないとね。

あ!始発の時間 過ぎちゃったw
いつも ありがとうね◎                ちひろより

******************************

ちひろ・・・。
睡魔に 襲われながら
一所懸命 私に 応えようとしてくれている。可愛い・・・。
一所懸命 現実を 受け容れようと している。

やっと 私たち 本音で 語り合えたのかもしれない。

今夜は ちひろの大好きな
母伝授の ピーマンのみじん切り入りコロッケにしよう!

それに・・・私は ちひろのこの手紙に 
何か懐かしいような 不思議な感覚を覚えた。
確かに 私たちは 前世で会っていた・・・そんな感覚。

ちひろの ものつくりの世界と
私の心の奥底に宿る 世界・・・
どこか 何か 共通したものが あるように思う。


実父との再会を 果たしたさつき。
実母の死を 知らされ 真実を知った ちひろ。

二人とも
現実を受け容れるようとしている 姿が やはり 痛々しい。
本当に じっくり 受け容れることが できるのは
暫くしてからなのかもしれない。

ガラス細工のような 透き通ったこころで
痛々しさを 伴いながらも
前を向くことで 乗り越えようとしている。

もう少し 自分に余裕が できたら
その悲しみを せつなさを
いっぱいに 感じてしまったほうが
いいのかもしれない。

私自身との「結びなおし」が 出来た今
あの子たちが それぞれに
自分と 向き合うことを しっかり見守ってやりたい。

「子どもの悲しみを連鎖させてはいけない・・・。」

彼女たちが 自分を認め 赦し 信じ 愛すること・・・
しっかりと 大地に根を下ろすこと・・・。

次世代のためにも ずっとずっと 見守っていきたい・・・。
私たちが ひとつ屋根の下で 生活する意味が
そこにあったのだから・・・。


塾に通う 子どもたちに 伝えたいメッセージがたくさんあるさつきも
演劇という ものづくりの世界で 表現しようとしている ちひろも
幕末とサッカーと 目に見えない世界が大好きな 千も
HIPHOPダンサーになりたい 絵本を描くのが大好きな メイも・・・
そして それを 大きな心で 見守ってくれている夫も・・・

いや・・・地球上すべての者が
みな 同じ課題を 持って生まれてきたように思う。

この世に親がいない人は ひとりもいないように

「親子の絆」を 通して そしてその結びなおしを通して
沢山の葛藤を 経験しながら 概念を広げ
「愛」を 学ぶために 輪廻転生し「仏向上」して 
生きているように思う。

わたしが いつも 澤谷先生のセミナーに行くたびに
いつも勇気付けられてきた お守りのお言葉。

「宇宙広しと言えども あなたに 代わる あなたはいないのです。」

私も 多くの方々に メッセージとして届けたい。

・・・あなたに 代わる あなたはいない・・・。            (おわり)
スポンサーサイト

<< すべての「結果」は 引き寄せられていた! | ホーム | 親子の絆 Ⅲ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。