プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功哲学の罠~もうひとつの「裸の王様」

その「裸の王様」を あざけ笑っていた私。
「裸の王様」と罵った私自身 将に
「シンデレラストーリー」を夢見た「裸の王様」だったのです。

虚栄心・羞恥心・見栄・依存心・・・
欲にどんどんすれ違っていっていき
真理を観る目が どんどん曇っていっていました。

そこに 自立した自分が いなくなっていたのです。

本来 何のために「食と健康」を捉え そのビジネスを始めたのか!
正しい食生活をお伝えすることによって 病院や薬に頼ることなく
人生を全うすることを 伝えたかったのではなかったのか?!
真の「健康」とは 何かを 伝えたかったのではないのか?!
親の介護によって そこに使命感を見出していたのではなかったのか?!

そこでは 講師を呼んで
「成功哲学」や「自己啓発」の講演会が 開かれていました。
その講師のお話に触発され 使命感みなぎって
真の「健康」をお伝えするつもりが
「成功」・・・つまり お金持ちになることに 目標がすれ違って行きました。

本当に 恥ずかしいお話です。
・・・が 事実です。

人生における「成功」って 何でしょう?
「しあわせ」って 何でしょう?

私は そこを 真剣に 正面から真摯に 考えることを しませんでした。
自立していない 自己のない状態でしたから
そこが 全くぶれてしまっていました。

大金が入ったとしたら それで しあわせでしょうか?
もちろん お金はないより あったほうが いいと思います。
お金がなくては 衣食住に困るし
それだけではなく 旅行も おしゃれも 芸術鑑賞も・・・
いろいろな経験したいし
人生を豊かに暮らしたいと思えば
確かに 勿論 お金は必要です。

では仮に 宝くじが当たれば それで幸せでしょうか?
当たった大金で 大きな家を買い
まるで「家庭画報」に出てくる写真のように 
お庭で素敵なパーティーを 開いたとしても 
どれだけの 友人が集まってくれるでしょうか?
その友人は 本当に心の友でしょうか?

足りない部分を 一所懸命 補うことばかり 考えている自分。
「自分」に自信がなく 自分を愛せない自分。

何を夢見ていたのか・・・
視点が ぶれていた状態で 本当に しあわせを感じることが出来るでしょうか?
本当の人生における成功とは 本物のしあわせを どこに見出すかで
違ってくるものだと思うのです。

今 成功哲学や自己啓発の類の「~の法則」やhow to本が 
かなり出回っているし セミナーもたくさんあります。
でも その大人のほとんどは「裸の王様」ではないでしょうか。

罪悪感や無価値感に さいなまれ
何か 自分に自信がなく 何かに依存していて
誰より 自分が 一番信じられない
そんな風に 軸が 揺らいではいないでしょうか?

本当に 自分の中に 濁らない水を感じ 
自分を赦し 認め 愛することが出来たのなら・・・
「成功」とか「しあわせ」の 軸は 揺らがず
そしてまた 誰にも 依存することも ないと思います。
それこそが 真の「自由」だと思います。

たとえば「教祖さまと信者」の関係。
私は「宗教」そのものは 嫌いでもないし 否定もしないのですが
例えば 宗教だけでなく 
成功哲学や 自己啓発の溢れる本やセミナー・
ヒーリングサロン・ある意味 会社組織・夫婦関係まで・・・。

どんな団体や 環境であっても その器や関係の問題ではなく 
肝心なのは 個々の問題のように思うのです。

当時の私が そうであったように
それぞれの個々が 自立していない「依存型」の人間が 
陥りやすい 罠のような気がしてならないのです。
もちろん 自分でしかけた罠に 自分で引っかかっているのでしょう。

だからこそ まずは 自己と向かい合い 自分の心の浄化をすること。
子どもの頃に 戻り 親子の関係を もう一度 見つめなおすこと・・・。

真に自己と向かい合うのは
小手先のことだけでは そう簡単には いかないし 痛みも伴うけれど。

本当に そこに立ち返って そうしたとき・・・ 
自分の人生のシナリオを肯定し あるがままを認め
そして 「あなたに代わる あなたはいない」~ということを
そのまま丸ごと 思ったとき・・・
そこに広がる これまでの 道のりのすべてを 微笑んで
眺めることができたとき・・・
本当に 自分自身を赦し 認め 愛することができ そして
何より 誰よりも 自分を信じることが出来るようになると思います。

しっかりと 大地に根を下ろし ぶれない自分の軸を 信じたとき・・・
「今ある しあわせ」を 感じたとき・・・
こころのオアシスが 浄化されたとき・・・
そのこころの水は キラキラと光り
望む人生が 浮き上がってくることでしょう。

そして 望む人生が 目の前に広がり
そして その思った通りに 人生が展開していく
今あるしあわせを感じて 人生を満喫できるのだと思うのです。

だから 私は そんな経験を通して
かなり 寒風に 吹きさらされて 辛かったけれど
「人として とても大切なこと」を学ばせていただいたこと・・・
「人生における成功」とは・・・「真の幸せとは」・・・と 
とても 真剣に考える機会に恵まれたこと・・・
その経験こそ 大きな財産だと 今ではとても 感謝しています。

ところで・・・です。
本当に「裸の王様」は 自分は裸であると知らなかったのでしょうか・・・。
もしかしたら、本当は それに気が付いていたのでは ないでしょうか?
気が付きながらも 騙された振りをしていたとしたら どうでしょう?

子どもが
「あ!裸の王様だ!」と叫んだとき
「そうじゃよ。」と言って 大笑いしながら
腹づつみを 打っていたら どうなったでしょう。

みんな 最初は あんぐり 口を開けるでしょう。
そして 国民は その後
「王様は すべてをお見通しの上で 
わざと騙されている振りをしていたのだ。
仕立て屋の嘘も ここに集まっているわれわれの嘘も 
すべてを解っていたのだ~。」
と 言いながら 国じゅうで 大笑いしはじめることでしょう。 
イメージしてみてください。
そうしたら とても 楽しい国になったのでは ないでしょうか・・・。

すべてを赦し すべてを認め あるがままを受け容れ、
国民みんなを「笑い」という渦の中に 入れたとき
本質を観ることが 出来たかもしれません。

ひとりひとりが おたがいに ひとりひとりの笑顔に 愛を感じ
「そのままの あるがままの 自分」を 
認め合うことが出来たのではないでしょうか?

それこそ 大きな愛で包み込む 本物の王様ではないでしょうか。

もしかしたら そのネットワークビジネスのトップも 
すべてをお見通しだったのかもしれません。
そして 騙されている振りを していただけなのかもしれません。

ふと考えた「もうひとつの 裸の王様」
まるで 故 赤塚不二夫の「天才バカボン」のように
「そうじゃよ。裸じゃよ~ん!」と 笑って 腹包みを叩いた「裸の王様」

私は そう笑い飛ばせる そんな「裸の王様」に なりたいな!

愛があって 笑いがあって・・・
それこそ 心豊かな人生だと 心の底からそう思うからです!
(おわり)

スポンサーサイト

<< 晩夏のセミナー~「遺愛集」と「赤とんぼ」 (前) | ホーム | 成功哲学の罠~「裸の王様」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


すべての成功すべての巨富... ナポレオン・ヒル(米国の著述家)

すべての成功すべての巨富はアイディアから生まれる。ナポレオン・ヒル(米国の著述家)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。