プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩夏のセミナー~「遺愛集」と「赤とんぼ」 (後)

まるで 秋の夜長のお話のように
澤谷先生の短編集が しみじみと 続きました。
詩人タゴール・おでん三吉と藤 圭子・キリストとユダ・・・・・・

また「その路は ゆっくり行けば4時間 急げば1日・・・」
(・・・これって 私へのメッセージ?と 思いながら)
私の中の「その路」が浮かんでいました。

それは 大好きな シャーリー・マックレーンの
「カミーノ 魂の旅路~
The Camino A JOURNEY OF THE SPIRIT」の表紙画であり
そして 母が よく音痴な歌声で 歌っていた
「この道は いつか 来た道~♪」でした。

澤谷先生という身体が ただ管楽器のように使われて
神様が 宇宙からのメッセージを伝えているようでした。
また 私は 昨年の9月30日の 初めて参加したセミナーを 
思い出しました。

最後に また 不意を付かれのは
遠藤励起 学研編集長のサックス「赤とんぼ」でした。
考えてみたら 老舗の学研編集長の 生サックスが 聴けるなんて
我々は なんて贅沢なことを しているのでしょう!

     赤とんぼ
夕焼け小焼けの 赤とんぼ
負われて 見たのは いつの日か
    
山の畑の 桑の実を
小かごに摘んだは  まぼろしか

十五でねえやは 嫁に行き
お里の 便りも  絶え果てた

夕焼け小焼けの 赤とんぼ
とまっているよ  竿の先

三木 露風  
何度読んでも きゅんと 胸が張り裂けそうに なります。

父が脳梗塞で 倒れた後のことでした。
退院後 母も かなり疲れていそうだったので
おかずを作って タッパーに 詰めて
持っていったときのことでした。

再婚後 私は あえて あまり実家に帰ることを しませんでした。
横浜と東京という 近さでも 盆暮れしか 帰らなかったのに
その両手にタッパーを 抱えた私を見て
両親は
「そんなことを してくれなくても なおこさんが 
来てくれるから・・・。」
と 弟のお嫁さんの話で 盛り上がっていたのを 聞きながら
急に 寂しくて 切なくて 仕方なくなりました。

・・・折角 家の用を済ませて 重たい思いをして 持って来たのに・・・。
もうここは 私の帰るところでは ないんだ・・・。
帰り道 大森駅の近くの喫茶店で ひとしきり泣いてから 家に帰りました。

「それでなくても 自分の家も大変なのだから・・・
そんな心配しなくて良かったのに・・・。」と 
本当は言いたかった 母の想い。

でも それが解らなかった私は 
何か急に カセットテープを探して 聞いたのが「赤とんぼ」でした。

その後 中村 八大さんが 弾いていたピアノ「赤とんぼ」とも出会い
そのCDをダビングして 
「お正月頃に 待合室にでもかけてください。胎教にいいと思いますよ。」と
池川クリニックに 贈ったりもしました。

それから しばらく聴いていなかった「赤とんぼ」。

遠藤励起編集長の「赤とんぼ」に 再び出会ったとき  
ふいに 思い出したのです。

父は 長女が合格した学校を 私に 内緒で見に来ていて
写真を撮っていたことを あとから聴いたときのことを・・・。
知らせてくれれば 良かったのに・・・
家に寄ってくれれば 良かったのに・・・
と 思った日のことを・・・。
不器用な父の愛。
 
以前 遠藤励起編集長が「絆の法則」に 投稿してくださった「愛の絆」
http://kizuna.personslink.com/?day=20080603

「・・・子供は、その瞬間、巣立ちした。
 もう、戻る巣はない。
 その覚悟で、後ろを向いた。
 あとは、ただ二人の幸せを祈るだけだ。・・・」

遠藤励起 編集長のサックスが 上手くなれば上手くなるほど
サックスも エアーサックスも
むせび泣いているように 感じてなりませんでした。

昨年しきりに 聴いていた 荒井由実の「晩夏~ひとりの季節」。

あれから1年経ち 娘たちとの絆の結びなおしも出来て・・・
今はこうして 娘たちが自己と向かい合うのを 見守る中 

親はいくつになっても 親なんだな・・・と あらためて亡き親を偲びつつ
季節の変わり目を 奏でる「赤とんぼ」を 聴きました。

今でも 鈴虫の声のように 響いています。
澤谷先生のお話の余韻と共に・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
な~んて ホンノ触りだけ ご報告いたしました(笑)
初秋9月6日(土)・7日(日)は 
遠くて近い しあわせへの道・成功への道 である 
「澤谷 鑛 ヒューマンライフセミナー」と 
「澤谷 鑛 ヒューマンライフ研修会」へどうぞ!!
*9月6日(土)10:00~16:00
「澤谷 鑛 ヒューマンライフセミナー」in京都
☆講師 澤谷 鑛 ・ 桑名正典
☆ゲスト 悦月(占いカウンセラー)

*9月7日(日)9:45~12:00
「澤谷 鑛 ヒューマンライフ研修会」 in 京都
☆講師 澤谷 鑛

お申し込みはこちらから。
http://www.kou-sawatani.com/seminar.html

その他各地でのセミナー情報なども載っています。

スポンサーサイト

<< 伝えたい | ホーム | 晩夏のセミナー~「遺愛集」と「赤とんぼ」 (前) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。