プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠回りも いいもんだ・・・

たとえ テストの点が悪くても
たとえ 食べるのが 遅くても
たとえ 学級委員にならなくても
たとえ おねしょをしても
たとえ チビでも
たとえ 走るのが 遅くても
たとえ ドンくさくても
・・・・・・・・・
叩かないで ほしかった。
髪を引っ張らないで ほしかった。
・・・・・・・・・
どんな私も そっくりそのまま
認めてほしかった。
どんな私も そっくりそのまま
受け容れてほしかった。
どんな私も そっくりそのまま
愛してほしかった。

ただ そのままの私を 
抱きしめてほしかった。

大人になって
アダルトチルドレン という言葉を知った。
ネットで調べてみたら
ひとつひとつ そこに列挙されていた事柄が 自分と似ていた。

私は アダルトチルドレン・・・という病気?
そう 自分で勝手にその枠組みに 入ってしまったら
物凄く 苦しくなった。

治るのだろうか・・・。
だから 人と違うのだろうか・・・。
やけに幼いと 感じるのは そのせい?
・・・情けなかった。
夫に 勇気を出して 打ち明けると
「そんなの 甘えだ。」
と 言われた。
とても ショックだった。

やはり 私の人生のいろいろは 
そこに原因があったのだろうか・・・と 考えた。

それまでの人生と そしてその人生を 考えた。

これまでの自分の人生を 消しゴムで消せたら・・・
と 真剣にそう思った。

でも どんなに悩んでも 歩んできた道のりは
決して消すことは出来ない。

歩けば 足跡が残るように
必ず そこには 跡が出来る。
それに気が付いたとき
自分で蒔いた種は 自分で刈り取らないと・・・と 思った。

外側のせいに していてはいけない
・・・そう 本当は解っていても
まだまだ どこかで 人のせい・運のせい・環境のせい
そして 親のせいにしている自分がいた。

自分と もっとシビアに
もっと真剣に きちんと向き合わないと・・・と 思った。

自分の人生を 振り返ったとき
そこにあった反省すべき点は 
きちんと 反省し 懺悔しなくては・・・と 思った。

辛かった・・・。
孤独だった・・・。
こんな私 生きてていいのかな・・・と 思った。

でも 私は ひとさまを 傷つけようと思って生きてきたわけではない。
私は 不幸になろうと思って 生まれてきたわけではない。
私は私で 一所懸命 そこで選択をし
そこで 懸命に生きてきたはずだ。
・・・と 夜明け前 救いの声が聞こえた。

暫くして 真剣に 親の気持ちに なってみた。
でも そう簡単には いかなかった。
でも 簡単には いかないからこそ
ホンモノの 涙を流せるときがくるのだ。

悩んだって いいじゃない。
暗くたって いいじゃない。
ネガティブだって いいじゃない。
時間がかかったって いいじゃない。
だからこそ その先に見えてくるものが あるんだ。

痛みを 感じるのは 生きてる証拠じゃない!

ものには「時」がある。

身籠った命を 産んで初めて その子どもの人生は始まり
そして 育てて初めて 親になる。
人は 人と人との間で 
触れ合い 分かち合いながら 人間になる。
その日常で その「時」が 来るのを 待ちながら
心を耕していく間に 
人は 宇宙の万物と 溶け合っていくしあわせを 
心から感じる その瞬間がくる。

枯葉は 朽ちて どんなに見苦しく感じても
その裏では カブトムシの幼虫を 温めてくれている。
寂しさと共に 覆いかぶさる雲は 
大空の塵を 吸い取り やがては 恵みの雨を降らせてくれる。

なにひとつ 無駄なことはない。
しかも すべては 完璧なのだ。
ただ 身を任せていれば それでいいんだ。

昨年の夏・・・。
そして 今年の夏・・・。
どれほど 泣いたであろうか・・・。
いつになったら 涙は枯れてくれるのだろうと 思うほど 泣いた。

子どもの頃から 冷めた目で大人を見ていた。
悲しいと 泣けなかった私が・・・
これほど 泣けるとは 思わなかった。

義母が亡くなったときより
父が亡くなったときより
母が亡くなったときより

どんなときより 泣いた。

やっと 本当の 父の気持ち
本当の 母の気持ちを 知った。
感じた。

その「時」が きたとき
それまでの すべての業と 子どもの悲しみの連鎖が
一瞬にして 消えた。
過去世も 現在も 来世もなく
それは すべての時空を超えるものだった。

そしてまた その瞬間 本当の私に出会い
トトロのあの大きな木のように
大地にしっかりと 根を下ろせた 気がする。

それは 思いもよらないほどの 産物だった。
方程式でも 解けない・・・。
因数分解でも 解けない・・・。
どんな本を読んでも 載っていない・・・。

遠回りしたからこそ出会えた 本当の自分。

ストレス社会と言われる今
いろいろな癒しの方法があると思う。
それはそれで 素晴らしいと思う。
でも・・・
この地球に 親がいない人はいない。

親の気持ちを 解らずして
誰に何を 祈っても
それは違う・・・と 私は思う。

たとえ 宇宙人でも
たとえ 天使でも
たとえ 神様でも
たとえ 辛くても
たとえ 痛くても
たとえ 寂しくても

その順番だけは 宇宙万物の中で
生かしていただいている 者として
決して 間違えたくはない。

私は 親を恨み続けながらも
したいことを したいように
エゴと傲慢で 生き抜いてきたからこそ
そう思う。

自分のしてきたことの 後始末くらい
自分で 責任を取りたい。
自分には 恥じたくない。

澤谷先生のセミナーで 確かに いつかどこかで聞いた言葉・・・
「ゆっくり行けば4・5時間だね。
急いで行くと1日がかりかね。」を 聞いた。

遠回りも 道草も
いいもんだ・・・。

スポンサーサイト

<< ちひろの 旅立ち | ホーム | 在り難い >>


コメント

心に染み入るお話でした。
まだまだ頭でわかろうとしている自分ですが、
いつか本当に、その「時」が来ればいいなと願っております。
その「時」に向かって、今できることに精一杯取り組みたいと思います。

ありがとうございます!

kazuさん

焦らないでくださいね・・・ゆっくり・・・
kazuさんに 代わる あなたは
本当に どれほど この宇宙が広くたって
いないのです。
kazuさんだからこそ 解ける課題なのですね・・・。

お日様の光を 体いっぱいに浴びて
そこで 大きく深呼吸して
歩んで参りましょう?!

焦らず ゆっくり 道草しながら・・・。

祝福

 おはようございます。肥後の菊池です。

今日は、紅林さんが本当の幸福行きの切符を

手にされた光景が見えるようです。

なにひとつ 無駄なことはなく

また、丁度良い時期に

体感(実感)されたということは

実に素晴らしい事だと思います。

祝福いたします。

ありがとうございます。

ありがとうございます!

肥後の菊池 さま

ご無沙汰しております。

熊本のセミナーの計画が 進まなくて
ご立腹で そのうち 忘れられてしまったかと
思っておりました(汗)

本当に いつも 温かく見守ってくださり
ありがとうございます。

だけど これからは
あまり ゴツゴツいろいろなところに
頭を ぶつけないで 歩んで行きたいと思います(笑)
今後とも どうぞよろしくお願い致します!

たぶん初めて、こちらでコメント書かせて頂いてます。

>ストレス社会と言われる今
>いろいろな癒しの方法があると思う。
>それはそれで 素晴らしいと思う。
>でも・・・
>この地球に 親がいない人はいない。

>親の気持ちを 解らずして
>誰に何を 祈っても
>それは違う・・・と 私は思う。

私もほんっとうに同じ考えです。
どれをチョイスするのも人それぞれ。
だけど、自分の元でもある両親に思いを馳せること
重ねることは
また違った気づきがありますよね。

気づきから学び、そして癒し、成長。

紅林さんが心の内側をじっくり書かれたことで
また私も気づきと癒しを頂いてしまいました。
ありがとうございます、って気持ちでいっぱいです。

こころからありがとうございます!

けいちゅんさま。

コメントいただいて 本当にありがとうございます!
私も偉そうに書いちゃっているけれど
まだまだ 試行錯誤の連続です。

でも きっと生きている限り
ずっと その課題はあるのだと思うんです。

だってきっと、自分で書いた産まれて来た
シナリオですものね…。
自分の魂のレベルを上げる為に…。
そして、しあわせな人生を満喫する為に…。

共に 自分と向かい合って いきましょうね!
辛いときがあっても・・・。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。